【沖縄わんぱくキッズ2月コースの参加者への重要なご案内】


サプリ代表のザマミです。


今週の沖縄わんぱくキッズについて、重要なご案内です。


====


①持ち物の訂正


今回は山プログラムを主に行います。

水着も持参するようご案内しておりましたが、今回は水着は不要とします。


クラフトやモノづくり、火起こしなどを楽しみたいと思います。


【追加の持ち物】

・マスク(任意)

・防寒対策(任意)


====


②コロナウイルスについて


主催者の判断としては、下記の理由から開催することで進めています。

(直前まで様子は見ます)


・野外での活動であること

(室内だと感染する確率が高まる)


・基本的に運動習慣があったり健康な人は感染する確率が低い


・このような案件も学びに変えたい

(食事や睡眠、健康の大事さなど)


・感染予防のためイベントを自粛することも大事ですが、生きている以上、感染リスクはつきものと捉えています。

(開催しなくても感染リスクは常にあります)


・コロナはエンベロープウィルス→外側の脂質膜によって囲まれたウイルスです。


このエンベロープはアルコールや石鹸で容易に破壊が可能。


WHOなどの指針においてアルコール消毒が有効とされる理由もここにあります。


公の情報ではありませんが、関連ドクターの出している情報だと、このエンベロープ・タイプのウイルス(インフル、ヘルペス、エボラ)を抑制してきた事実としてビタミンDが有効だということ。


・太陽光に当たることで体内にビタミンDが生成され、エンベロープタイプのウイルスを抑制する。免疫力が上がります。


・食事でいうと、ヨーグルト、牛乳、オレンジジュース、牛レバー、キノコ類、特に太陽光をたっぷり浴びた干しモノ食材。


ちなみに表現は不適切かもしれませんが。

多少変動はありますがインフルエンザも国内で毎年1000人~3000人ほど死亡しております。


【致死率比較】


・インフル0.1%


・コロナ0.7%(湖北省以外)


感染者が増えるにつれてコロナの致死率は下がると思われる。


厚労省の情報にもあるようにコロナより他のウイルスの方が圧倒的に多い状況です。


ただし、インフルや他のウィルスとの異なる状況として

・ワクチンが完成していないという点


・感染拡大の懸念


・今年のできごとのため、風評被害です


====


③参加の検討と判断基準


上記を踏まえ、次に該当する方は参加の可否をご判断ください。


・身近に高齢者がいる方(特に基礎疾患をお持ちの高齢者)


・高齢者に限らず、基礎疾患を持っている方が身近にいる方


・37.5度以上の熱が4日以上続いていたり体調不良の方はコロナの可能性あり


・38.0度の熱が急に出る場合はインフルの可能性あり


・自主予防として参加を取りやめたい方


これらを懸念して参加を取りやめる場合は、振込手数料を指し引いた上で参加料を返金いたします。


ご連絡ください。


可能であれば今日。27日(木曜日)中に連絡をいただけると幸いです。


====


④参加する方


・開催日まで体調、健康管理を子ども達自身に行って欲しいです(学びに変えて欲しい)


・子ども達も参加を心待ちにしているはずなので、どうやったら健康でいられるかということを親が問いかけてもらえると良いです。


・お振込がまだの方は金曜日までにお願いします。


※留意事項

活動中に発熱や体調不良となった場合は、保護者に現地まで迎えに来ていただくことも想定されます。ご了承ください。


その他

知人(専門機関)からの最新情報を参考に↓


コロナに関する情報

サイトリンク


0回の閲覧

​サプリ沖縄

​子どもの成長を応援する!
  • Instagramの社会のアイコン
  • LINE
  • Facebookの社会的なアイコン

2019 Copyright Ⓒ Supli

所在地:〒901-0241

    沖縄県豊見城市豊見城1041-10 

e-mail:official.supli@gmail.com

​TEL:080-1724-8728(代表 ザマミ ヒロキ)